商品検索

  • 炙り和牛もつ鍋

  • 炙り和牛もつ鍋

  • 炙り和牛もつ鍋

  • 炙り和牛もつ鍋

  • 炙り和牛もつ鍋

  • 炙り和牛もつ鍋

  • 炙り和牛もつ鍋

    お届け後イメージ。

炙り和牛もつ鍋

クール便配送

在庫あり

¥3,240(税込)

ポイント: 30 point

【100%和牛だけのもつ鍋】

東京都港区芝浦の東京食肉市場で担当者が直接目利きをして納得した新鮮で上質な和牛もつのみを使用。
そのままでも旨みたっぷりの鮮度抜群和牛もつを焦がしニンニク香る自家製黒マー油ダレに漬け込みます。
しっかりと味をしみ込ませた和牛もつを更に【炙り】ます。
この【炙り】が自家製黒マー油ダレと和牛もつをさらに一体化させジューシーでとろける様な味わいの炙り和牛もつを作り上げます。
冷凍真空された炙り和牛もつのパックに入った【あぶら】は職人が炙った時に和牛もつから染み出た、黒マー油ダレと和牛もつの旨みのつまったものです。
そのあぶらもスープの中に入れてお召し上がりください。コクと旨みを感じる特製スープが完成致します。
お店でも人気の「炙り和牛もつ鍋」お楽しみください。

【ご準備いただくもの】
・デリシャスコネクト炙り和牛もつ鍋セット
・野菜(キャベツ・ニラ・ささがきゴボウ)、豆腐

【解凍について】
・和牛もつ、スープは調理される前日に、冷蔵庫に移し解凍します。
※万が一の液漏れに備え、バットなどを敷いて解凍ください。
・ちゃんぽん麺は解凍せず、〆のタイミングで凍ったままお鍋に入れてください。

【特製もつ鍋スープについて】
・もつ鍋スープは濃縮3.5~4倍希釈タイプです。
特製スープ100g水400g 濃い目がお好みの方は特製スープ100g水300g

【もつ鍋の美味しい食べ方はたっぷりの野菜!】
・もつ鍋→キャベツ(300g)・ニラ(100g=約1束)・牛蒡(100g)
※上記の量は目安ですが、もつ鍋の野菜の量はたっぷりがオススメです。

美味しい もつ鍋の作り方

①スープを準備
『濃縮スープについて(希釈目安早見表)』より確認し、適量の水で希釈しスープを準備します。
加熱し、軽い沸騰状態になったら一旦火を止めて下さい。

②炙り和牛もつとゴボウを入れる
炙り和牛もつ、酢水につけアク抜きしたゴボウを入れます。

③野菜などを入れる
続けてキャベツ・ニラ、豆腐を入れます。
胡麻を入れ、再度加熱し、軽い沸騰状態から5分程度煮込みます。
(沈んでいない具材は時々お箸で返して下さい)

④炙り和牛もつ鍋の完成
野菜がしんなりしてきたら、食べ頃です。
野菜の味がスープと一体になった時、極上の炙り和牛もつ鍋が完成します。
アツアツ、プリプリ、ジューシーなもつ鍋を、どうぞお召し上がり下さい。
※スープを取りすぎると、〆のちゃんぽん麺用が無くなるので注意。

⑤シメは具がなくなったら、凍ったままのちゃんぽん麺を入れて下さい。
沸騰してから1分ほどしっかり煮込み、麺が美味しいスープを吸い込んだら完成です。
さらにスープが残りましたら、ご飯を入れ雑炊にしていただくとスープが最後の一滴までお楽しみいただけます。
(煮詰まり具合により水で濃さの調整をして下さい)

商品情報

セット内容 ■特製もつ鍋スープ(濃縮)
150g×1パック(要冷蔵10℃以下)
■炙り和牛もつ(小腸)
(250g×1パック)(要冷凍-18℃以下)
■ちゃんぽん麺
200g×2玉(要冷凍-18℃以下)
※お野菜、お豆腐、薬味などはお客様でご用意願います。
原材料 【原材料】和牛ホルモン、しょうゆ(小麦・大豆を含む)(国内製造)、みりん、食塩、ぶどう糖果糖液糖、水あめ、砂糖、さば節、かつお節、たん白加水分解物、こんぶ / 調味料(アミノ酸等)、アルコール、小麦粉、かんすい、くちなし色素
保存方法 冷凍保存(-18℃以下で保存)
消費期限 冷凍保存で製造日より1か月 *開封後は早めにお召し上がりください。

キャンペーン&コラムCampaign&Column

特別な日にビーフステーキビストロオムライス(1人分) ...

広島県産牡蠣入りキノコ4種の濃厚クリームソース(1人分) ...

全ての記事を見る

delicious-connect

世界中のありとあらゆるものが
誰かと繋がっている
美味しい、幸せな時間を
世界中とシェアしたい

食べて飲んで美味しい時間
そんな場所を目指して私達は
日々「料理」と向き合っています